避妊ピルは生理周期調整や卵巣機能不全の改善にも役立つ

避妊ピルには、避妊の効果しかないと思っていたら少し間違っている考えです。

もちろん、毎日欠かさず飲むことでコンドームなどの避妊具を使用せずにセックスしても、妊娠しない確率は非常に高くなります。

それだけでなく、避妊ピルには生理痛やPMS、子宮内膜症などの軽減をする効果もあるのです。

なぜ避妊ピルがそのような役割を果たすのかといえば、避妊ピルは女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲステロンが大量に入っていて、それを服用することで体内に入り、ホルモンバランスを整えて、その副効用として女性の体の様々な不調にも効果を発揮するのです。

また、薬の種類によっては不妊治療の治療薬にも使用される場合があります。

不妊の原因は様々な理由が考えられますが、たとえば卵巣機能不全や月経困難症などの症状によりうまく妊娠しないこともあります。

そのため、ピルを服用することで卵巣機能不全などの症状を改善することで不妊治療につながるというわけです。
卵巣機能不全以外にも、卵巣の病気である卵巣嚢腫や卵巣がんなどの発生を防ぐと言われています。

そして、生理周期をコントロールできるのも、ピルの服用のメリットの一つです。

生理周期は、28日間あり、生理期間を除く7日間以外の21日間を毎日1錠ずつ飲むことで避妊効果や体の不調に効果があるとされています。

海外旅行や海やプール、温泉などに行くときに、できれば生理と重なるのは避けたいものです。

しかし、生理不順の場合はいつ来るのか読めないので残念なことに色々な予定と重なってしまうことも多々あるでしょう。
そんな時に、ピルをあらかじめ服用しておけば、生理周期をコントロールできるので、予定と重ならないように生理をずらすことも可能なのです。

妊娠したり生理がある女性の体は特別なものですが、その分苦労が尽きないものです。
ピルの服用で、体の不調を改善しながら快適なライフスタイルを目指していきましょう。