2月 5, 2016

男性とのお付き合いの中で、愛情を確かめあうためにセックスを行うことは自然の流れで、何ら咎められることではありませんが、生理がある健康な女性ならば、セックスには常に妊娠の可能性があるということを意識し、子供を望まないのであれば避妊対策を取るということは、大人の身体を持つ女性としては当然のことです。妊娠をすれば身体は一日一日と母体としての準備にかかり、今まで通りの生活は営めなくなっていきます。産むことができずに中絶するしかないという立場であるのなら、なおさら確実な避妊が必要で、自分が傷つかなくても良いようにしっかりと管理をしておきましょう。避妊ピルなら、避妊を男性任せにすることなく、自分の意思で行え、毎日きちんと服用さえしていれば、避妊具の破損などによる失敗も防げます。最近の避妊ピルは低用量ピルが大半で、副作用も少ないので安心して服用できます。一昔前の避妊ピルは、ホルモンの含有量も多かったので、吐き気や頭痛、むくみ、体重増加など、辛い副作用が多く、高い避妊率を誇ってはいても心配事が多く、服用している女性も少ないものでしたが、この低用量ピルが解禁となったことにより、身体への負担も少ないので、試しやすくなっています。しかし、まれに体質によっては、不正出血や肌荒れなどの副作用を訴える女性もいるので、そのような場合は、遠慮せずに処方してもらった医師に相談し、また違う種類の低用量ピルを試して見ましょう。ピルにもいろいろな種類があるので、試していくうちに、必ず自分の体にぴったりと合うものが見つかるはずです。一つのクリニックでも、複数取り扱いをしているものなので、身体の違和感を我慢しながら飲む必要はありません。